R50の悪足掻き

46才、足掻いてます!!いろんなことに!!

平成30年/前期/保育士試験


21日と22日の2日間で

はじめての保育士試験、受けてきた。


試験会場にたどり着くまでの珍道中は

思い出したくもない。

しかも2日続けて遅刻をやらかして

定刻通りに入室できなかった。


一瞬死にたくなった(´;ω;`)


しかし、書かれている時間から20分までは入室可能だったので


無事、2日間とも

全教科受けさせてもらうことができた(涙)



一発合格なんて狙ってないし

勉強も不充分、音楽の知識は無いし、

でも、4つはとりたいという目標を掲げての

試験チャレンジだった。


もう必死だった。

20問を60分だけど

時間いっぱい取り組まねばならなかった。


自信のある答えなんてほんのわずかで

消去法を使っての答え選びを繰り返した。


本気で、頭の悪さを呪った( ;∀;)


2日目の試験がすんで

家に帰るとすぐに回答速報で答え合わせをした。


散々たるものだったが


この自己採点に誤りがなければ

現在4教科、合格している。



保育の心理学

子どもの保健

子どもの食と栄養

保育実習理論


の4つ。



教育原理と社会的養護の

抱き合わせコンビは

社会的養護は満点に近いのに

教育原理がまったくだめなので

アウト。



児童福祉と社会福祉、

保育原理の3つは完全な勉強不足。


ともあれ、秋の後期試験のときには

残りを全部受かるつもりで

頑張らんと、実技試験にたどりつけんし、

また受けるとなればお金がいる。



1ヶ月半とか

3ヶ月の勉強で1発合格した人たち、尊敬する。

ほんとすごいと思う。


試験の感想は

いろんな意味で

運転免許試験ににてるなっておもった。



試験会場も、自動車学校の講義みたいに

人が増えたり減ったりするし

年齢も様々だし

男性もチラホラ。

それも、若い男性ではなく、30代後半から

40代の半ばくらいの男性。


写真は、私の職場の銀杏なんだけど、



これが黄色く色づく頃に


後期試験だ。




しばらくお休みしたら、

またエンジンかける!!



とりあえず、おつかれさま、ワタシ(*´∀`)

そこに咲く花。


美しかった桜、影も形もなくなって

さみしい。



でも



それを補うかのような、いろんな花が

そこらじゅうに。



新年度を迎えて

新メンバーが揃って


今日から、アイドリングが終わっての

本当のスタート。


管理職や

現場の職員の入れ替わりもあり

私などは

年齢のわりには立場的にしたっぱもしたっぱなので

たいしたプレッシャーもありはしないが、

それでも、いなくては困る存在であろうから


自分のするべきことを、

滞りなく済ませ、自分のできることはどんどんこなして行くこと・・


それが、評価に繋がり

職場での自分のポジションを安定させる。



自分の居場所は

自分で作る・・30代の始め頃にパートをしていたところの

店長がいった言葉。


これはほんとに、心に残っている。


おかれた場所で咲くことが

そのときそのときの

自分にとっての大切なことなんだとおもう。



花たちはいつもそこで



きれいな花を咲かせている。



私も。



そうありたいとおもう。