R50の悪足掻き

46才、足掻いてます!!いろんなことに!!

続き



私はこのひとつき、あれこれと考えることが多くて


仕事についても、たくさんたくさん考えて

ほんとに自分がしたい仕事はなんだろう?

したい仕事をしてなおかつ、自分が稼ぎ出すべき金額は年にいくらなんだろう?

この先私はどうなっていくんだろう?

親の面倒は私ひとりにかかってくるんだけどどうしたらいいんだろう?


とにかく頭のなかは、

整頓ができないほどいろんなことがわいて

密度が高くなって、収集がつかない感じになっていて…


ひとりワークショップをやってみたのだ。


どんどん書き出して、まとめていくやりかた…


そして浮き彫りになったことは


① いまの仕事はギリギリ生活していけているが

3年たてば一旦やめなくてはならず

臨時から正職員になれる見込のある職種ではない

ボーナスもなく、懲戒は正規職員に準ずる為、副業で金銭を補うことができない


② 様々な自分の気持ちをまとめたところ

私が本当にやりたい仕事は、児童の障害福祉関係の仕事

老人介護も嫌いではないが、いまやりたいのは児童


③ 介護福祉士資格より

保育士資格の方が自分のやりたい仕事には必要な資格ではないか

ダブル受験の考えを改めて

保育士試験の方に腰を据えるべきではないか

※介護福祉士試験を受けるには、実務経験日数の不足(100日ほど)という現実的な問題がある※


④ 調べてみたところ、児童指導員としての資格が満たされている(児童支援施設での実務経験2年)ので、児童デイサービスなどでの就職に役立つと思われる


⑤ 通勤エリアの拡大をして就職先を探せば、

自分の算出した必要な収入に見合った職場がある

※子どもももう大きいわけだし、車でも電車通勤でも可能なわけだから、住んでいるところで見つけなくては、という考えを捨ててもよいのでは※






といった感じになった。





いまの仕事、嫌いではないが

私のしたいことも

私の求める収入も

満たしていない。

なのに、縛りはきつい。


休みだけは、きっちり保障されている。


そして、3年続けたらやめなくてはいけない。




この仕事についたのには理由がある。

その理由をこの仕事はクリアさせてくれた。



しかし、その理由は、この1年で

転職前の状態より

わりと解消されたのだ、自然の流れで。

転職したことで完璧になったけども。


転職を思い立ったときは

絶対に必要だった条件を

いまの仕事はクリアさせてくれたが

もし転職していなかったとしても

半分以上、自然に緩和していたであろう現実。




臨時職員の試験は来月だ。

受けるべきか受けざるべきか。


受けておいて、別口の就職活動をしながら春を迎え



良いところがあったら

そこへ…なければ

臨時職員2年目を…

っていちおう、試験あるから落ちたらどうしよー・・・(;´Д`)




浮き彫りになったらなったで

新たなぐるぐるに頭のなかを支配され始めている3連休2日めでございます…




┐(´д`)┌ハァッ…