R50の悪足掻き

46才、足掻いてます!!いろんなことに!!

続きの続きの続き


彼は、


『鈍感で、素直すぎるわたしという人間』




あれこれと

捧げつくし、そのことに対して

不満が生まれ、それを

何年も


12年の中の、

何年かを


自分をごまかしながら続けていたのに



わたしはそれに気がつかなかった


結果彼は、



もう、いやだ!

あほらしい!

あれこれ自分を取り巻く環境も変わった!

こいつと一緒にいるのは無理だ!



と、考えるようになった…



そんな感じがする。

いまだからそう思うのであって

最中や、別れの直後は

わたしにはなにもわからなかった。


なんなの、これ?

という

想定外の出来事だったから。



私たちはよく

私たちを知る人たちから



男女逆転カップルだと言われていた。



確かに



わたしは縛られるのが嫌いで

男女の垣根が低く、人の言うことやしてくれることなどを

そのまんま受け取って、

裏を探って気遣うなんてことが出来ないタイプ。


この分析も

人に言われることをまとめてみてるくらいだから



自覚なんかなかった。


彼は、恋人が中心になり、

その人のためならできることから出来ないことまで

精一杯頑張っちゃう上に、

心とは裏腹なことを言ってでも

相手に嫌われないように

様子を見てしまうタイプ



だったんだとおもう。



続く